インフルエンザ対策には加湿が有効?

【くせ毛でのお悩み】
エブリーのオーダーメイド縮毛矯正・髪質改善が得意なラ・ボーテです。
髪のクセ・髪質の悩みを解消し、
サラサラ・しっとりの髪を提供します。
スタイリスト:yutaka mizuno

インフルエンザ対策には加湿が有効?
空気が乾燥すると喉の粘膜の防御機能が低下します。
インフルエンザにかかりやすくなります。相対湿度を50%以上に保つことでインフルエンザウイルスの生存率が急激に低下するそうです
湿度が高くなりすぎるとカビやダニ、結露などの原因となるため、インフルエンザウイルス以外の室内有害物質も考えると適正な湿度を
40%~60%の間に湿度を調節することが最適湿度です
加湿って花粉対策に。


空気が乾燥すると、のどや鼻・目の粘膜が傷つき正常な働きが出来ません。
花粉症の症状が悪化するかもしれません。
低湿度の方が高湿度に比べ浮遊花粉レベルが高く、加湿器を使用することで空気中を浮遊する花粉は水分を吸った重みで床に落とすことができます。
40~60%の適正湿度を保つことで粘膜を守り、花粉の落下を早める環境づくりができるので、花粉症の対策として良いそうです。
落下させるだけでは再飛散してしまうので、空気清浄機の使用や濡れ雑巾で拭き掃除を行いましょう。

今回は「しっとり・サラサラ」コースで施術いたしました。
★2回目からの予約サイト → https://reserva.be/labote
初めての方 ご紹介の方 予約について詳しく知りたい
方はこちらをご覧ください。→ https://likuyu.jimdofree.com
●縮毛矯正後の注意点 → https://la-bote.com/?p=6679
■髪の状態は・
髪の量  :★★★★☆
ダメージ :★★★☆☆
クセの強さ:★★☆☆☆
髪の強度 :★★★☆☆
施術難易度:★★☆☆☆
塗布方法・9.リタッチ(ビニールシート法)毛先は疎水化トリートメント塗布
放置方法・ラップキャップで自然放置。
放置時間・45分放置

関連記事

  1. 乾燥でフケが気になる。

  2. シャンプーの秘けつは予洗い!1

  3. キューティクルが剥がれている

  4. 縮毛矯正はどのくらいの期間。

  5. 汚れ対策が大切!

  6. 朝の髪のお手入れがもの凄くラクになる。