それぞれの失敗は直す事が不可能です。

■ラ・ボーテのHPからの予約はお知らせをご覧ください。

それぞれの失敗は直す事が不可能です。
この状態で髪の毛としての形状を保つのがせいぜいです。
これを直すことは大変で綺麗に治る時もあればそれ以上に悪化することもあります。(前処理の大切さ)
直してもお客さまの手入れの仕方でも悪くなることもあります。
失敗した部分を切ってしまう事が良いかも、1年を通じての施術になります。
まずは失敗しない事髪を傷めず真っ直ぐにすることが大切。
髪の毛に負担をかける矯正ですしっかりした認識が大事です。
縮毛矯正で綺麗にならないのは。
まずは失敗ですが
クセが綺麗に伸びない
パサチリになった
根元折れこの3つはいけません。
クセが綺麗に伸びないのはなぜでしょうか?
縮毛矯正は薬剤を髪の毛の中に入れ込みます。
そして物理的なアイロンで求める毛の形に変えます。
綺麗なストレートにさせる為に必要な事とは薬剤、アイロンが正確に出来ているかで決まります。(新しい薬とか低温アイロンとか薬の種類とかトリートメンとか使うのは関係ありません。)

髪の硬さ、カサつき、バサツキ、ごわつき感はCMCが失われている事です。ヱブリー矯正剤
■髪の状態 乾燥毛です。毛先アイロンの痛みがあります。
■施術方法 髪の状態で基本的には7パターンの塗布方法が有りますが塗布は感覚です。
■前処理 毛先はCMC+Tダメージの補修保護 CMC多め塗布
中間 アイロンの熱からの保護、酸化のベース作り、CMCで毛髪内補修、1液の残留補助
後処理 PHの調整、残臭除去
ダメ―ジの髪は処理剤が大切ですダメージの髪には多目に塗布が大切です。
■塗布方法 毛先中心の塗布方法。根元~多目塗布 うっすら白気味手でスルー塗布
■放置時間 放置加温25分自然放置20分
■仕上がり フカツヤサラサラ感がが出ました。

CMCの役割は
水分、油分、薬剤の浸透(通過の道)キューウィテクル、コルテックスの細胞同士の接着、適正な水分量維持
一般的なダメージ、乾燥、バサツキなどの髪に強い影響を与えます。
ダメージは脂質の流失から始まりハイダメージになるとタンパク質の破壊が。
CMCはキューティクルの隙間にキューティクルを守る薄い皮のような部分で髪の内部につながります。
■物理的損傷毛と化学的損傷毛では対処タンパク質の種類も違います。
10人いれば10人、施術の方法も液材も違います。
難しい技術ほど、微妙な時間管理と、液材の使いよう、それに感覚です。
剤は使うだけではなく、使いこなしこそ大事。
クセが伸びないのは薬が原因では?
ヱブリーの2液を塗布するまでは今回は良いかもと思っても
中間水洗後、ドライした時はクセはけっこう残っていることが有ると思います。
1液の反応は充分に感じてもそれは捻転がきついとか
波状が小さいとかで 撥水毛な感じとが有ります。

関連記事

  1. ハイダメージ毛の縮毛矯正は難しい。

  2. 傷んだ髪それは空洞化 1 

  3. 髪の毛をきれいに見せる

  4. 空気中の湿度

  5. 傷んだ髪とスタイリング温度の関係、

  6. ヘアアイロンを使う前に!