目指すのは自然な縮毛矯正

目指すのは自然な縮毛矯正 縮毛矯正「しっとり」コース

伸ばしていた髪を他店でショートに切ったら膨らんで収集つかなくなってしまったお客様。
髪質データ
クセ ★★☆☆☆
ダメージ★★☆☆☆
毛量 ★★★★☆
クセはそれほど強くないので、、カットでクセを活かす方法もあるのですが、
髪の量が多いので普段のスタイリングが大変になってしまいます。
こういった場合はカットで梳いてボリュームを減らすと逆効果になることが多いので縮毛矯正をかけて方がきれいにおさまることがほとんどです。


目指す髪と縮毛矯正とは
縮毛矯正をしていないような自然な質感これは今までの施術を
かえなければ・・・。
でもこのふたつは とっても難しいことで
これに加えて痛みこれは避けられないことですが
痛みを感じないレベルまでダメージを抑えた施術をと考えています。
阿佐ヶ谷の有るお店で考えずに梳きを入れるこれがサービス技術。
毛羽立ちが残りやすい、能書きの多い店長が施術。
なんでも髪の多さが気になっての梳きの梳きのでした。で爆発・・。
でもそれは逆効果でここまでやると やりすぎ。。。
美容師さんは 髪質を見極めてその人にとっての最善を促してあげるべき
アンチか出来ないのか美容師って能書きがぶっちゃけ多い気がする
縮毛矯正はただ手段
癖を活かすのか殺すのか活かしたほうがいいのか悪いのか?
それを毎日やるのは美容師ではなくお客様です。それは素人忘れてない?
こんな感じで 乾かしてくださいねー
それができなくて毎日ミストで仕上げ、結ぶだけなんてあんまりでしょう

CMCについて
CMCの役割は髪に内部に水分、油分は入る時の通り道を作ることです。
トリートメントをする際にトリートメントの成分が髪に浸透させるものです。
もし髪にCMCは不足した時トリートメントをした時にトリートメントの栄養分が浸透しないし洗い流せばそれで終わりです。
キューテクルという膜が髪の表面にしっかり定着していますので、CMCは髪にの接着剤ともいいます。細胞と細胞をつなぎ合わせる力と同時にクッションの役割も果たします。 
CMCが不足すると
不足すると柔軟性がなくなりキューテクルが剥がれトリートメントの効果がh摺れます。CMCは洗浄力のあるシャンプーで洗うと少しずつ溶けてしまいます。
CMCの不足になりがちなことはパーマ、カラーを頻繁にすることです。
髪はタンパク質で出来ていますが他に様々な物質で構成され構造が複雑です。
髪の中に含まれるCMCが不足するとドラブルがおきます。CMCは大切なものです。
髪の構成は複数のタンパク質80%
CMCは5%
水分15%
で出来ています。
タンパク質は骨格なようなもので髪の強度、弾力を保つものです。
髪の面を保護しています。バリア的な存在でキューテクルもタンパク質で出来ています。

関連記事

  1. 乾燥やフケが気になったら。

  2. 髪の毛を乾かす方法

  3. ブラッシングでツヤ髪に

  4. ヘアアイロンを使う前に!

  5. 傷んでしまった髪にツヤを取り戻す方法 

  6. ビビり毛 修正